若い内は上の空でも40歳位で始まる生活習慣病検診で気づく健康

健康食品における役割とは

健康食品とは、健康において保持増進に役立っていくものであると機能について宣伝され、販売や利用されることによって、学術的による認識とは独立しており、社会的な認識においては他の食品と区別されている一群の食品による呼称となっています。そして、健康食品の一部に関しては行政による機能の認定について受けて保健機能食品と呼ばれていますが、それ以外においては効果の確認ならびに保証はなされていません。

また、1991年においては保健機能食品制度が定められており、国によって定めている規格や基準について満たしている食品に関しては保健機能を表示していくことができるようになっています。また、保健機能食品においては、科学的根拠を提出した上で表示の許可について得ている特定保健用食品や特定の栄養素について含んで基準を満たしているならば表示をすることができるようになる栄養機能食品があります。なお、健康食品に係るような制度のあり方に関する検討会においては、健康食品より保健機能食品を除いているものを、いわゆる健康食品と表現されています。また、一般的において、通常の飲食物による形態をとっているほか、粉末や錠剤やカプセルなど医薬品と似ている形態によるものがよくあります。

おすすめ情報